銀行(カードローン)と消費者金融の違い

キャッシングサービスを展開しているところには、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行のような銀行がカードローンを用意しているものと、プロミスやアコム、モビットのような消費者金融のものがあります。これらの違いはどのようなものがあるのかというと、一番大きいのは、総量規制と呼ばれる、借入金額の制限の点です。消費者金融は貸金法により、年収の3分の1までしか貸すことができなくなっています。ですが、銀行は貸金法の対象外になっているため、この法律の影響を受けずに自由にお金を貸すことができるため、年収の半分までの金額を貸すことができたり、逆に年収が0円の主婦や学生といった人にもお金を貸すことができるようになっているところが特徴的です。審査の厳しさという点では、銀行のほうが厳しく、消費者金融のほうが楽、と言われています。銀行のカードローンの場合には、銀行側の審査ともし返済が滞った時などのための保証会社、という2社の審査に通る必要があるのですが、消費者金融の場合には、この保証会社というのも兼ねていることもあり、1社だけの審査で済むからと言われています。